Egypt-Cairo-20110409130636

コラム

~脱・国際ローミング!脱・高額請求!~ 世界一周旅行者によるSIMロックフリー携帯&プリペイドSIMカード購入方法まとめ。

2011/11/29  

LINEで送る
Pocket

(※写真はエジプトのプリペイドSIMカード購入パッケージ。)

どうも。世界一周中の旅人です。
気がついたら、もう1年以上、旅しています。
今は中東のヨルダン王国にいます。

さて、Twitter経由で多くの人から熱烈なリクエストを貰っているので、
気合をいれて、海外でSIMロックフリー携帯をどんな感じに使うのか
その辺をしっかり解説したいと思います。長くなりますよー。

海外旅行に行かれる方や、
海外出張に行かれる方にお役立ちできればと思います。

結論から行きましょう。

数日でも、外国に滞在し、
スマートフォンを利用して電話やSMS(ショートメッセージ)、Gmailやネットがしたいという人にはお薦めです。
旅人にも、出張者にも。

個人的感覚では、99%、国際ローミングよりも安価に済むと思います。
(日本の携帯を海外で使うよりも安い!ってことですね。)

ソフトバンクの海外での1日パケ放題は高い。
もちろん、定額で使えるのは昔に比べれば安いことなのですが、ウェブサイトをみると、
iPhoneなどのスマートフォンで接続すると、1日25MBまでは1980円。定額。
25MBを超過すると、日額2980円の定額になるということです。
ちょこっとではなく、ガッツリ使いたい人は1日で2980円いってしまう可能性が高いです。

そして、残念なことに海外で利用できる国数はまだ少ないようです。(ウェブサイト

海外で、SIMロックフリーの携帯を持ち、
現地でプリペイドSIMカードを購入し、利用すれば、

国際ローミングのアホみたいな高額を払う必要はなく、現地の人と同じような料金で電話もSMSもネットも使えるのです。通話もSMSも現地人料金です。1回の通話に100円支払う必要もありません。
※プリペイドSIMカードタイプは契約タイプよりも料金が割高なことが多いですが、
 それでも国際ローミングに比べれば格安です。
※事前に使いたい分だけチャージするプリペイドタイプなので、後請求に怯えることもありません。

本記事では、
・SIMロックフリーの携帯電話の購入方法。
・SIMカードの入手方法。
・プリペイドチャージの方法。

以上について、説明をしていきます。

尚、あくまで携帯電話が好きな素人のレポートであり、誤りがある可能性もあります。
参考情報として頂いて、後はご自身でサバイバルしてください。

まずは簡単に改めて、旅人(僕)の自己紹介を。

若者の海外志向底上げをミッションに、
サムライバックパッカープロジェクトというプロジェクトを実施しながら、
Twitter等のソーシャルメディアを使い倒して世界一周旅行中の旅人です。

※Twitterはもちろん、カウチサーフィンも旅人には必須サービスです。

旅中にも安価で通話やSMS、TwitterやGmail、Googleマップが使いたいと思い、
SIMロックフリーの携帯を購入。

僕の過去のSIMロックフリー利用歴は以下の通り。
2010年5月~:サムスンの電話とSMSだけのシンプル携帯電話2000円、購入場所フィリピン
2010年9月~:ノキアのE5というスマートフォン18000円弱(値段忘れた…)、購入場所アメリカ
2011年5月~:サムスンのGalaxy miniというスマートフォン16000円、購入場所ケニア
2011年9月~:サムスンのGalaxy Gioというスマートフォン20000円、購入場所トルコ
2011年11月~現在:リトアニア人に貰ったお古のシンプル携帯電話を利用中

なぜ、旅の間にこんなに買い換えているのか・・・?
違います、、、盗まれたり、失くしたりと・・・まぁ、世界一周なので哀しくも色々あるのです。
(保険入っているので大丈夫です。)

なお、次のスマートフォンはドバイで購入予定ですが、再びGalaxy Gioにする予定です。
(※僕にはハイスペックは必要なく、電話・SMS・Gmail・Googleマップ・スカイプ・Twitter・フェイスブック等の基本機能があれば良いと考えているので。)

なお、上記の携帯はすべてSIMロックフリーです。
SIMカードやSIMロックフリーについては説明を割愛しますので、Wikipediaなどで是非。

そもそも、海外の携帯電話の大部分はSIMロックたるものは強制されていません。
日本が変だということで・・・。

なお、以下が実際にプリペイドSIMカードを購入して、利用していた国になります。
フィリピン、アメリカ合衆国、メキシコ、ボリビア、チリ、アルゼンチン、
ブラジル、エジプト、ケニア、ルワンダ、スイス、ドイツ、フランス、スペイン、
イギリス、オランダ、スウェーデン、トルコ、イラン、ヨルダン王国、イスラエル・パレスチナ自治区…

ということで、20カ国以上にて現地でプリペイドSIMカードを購入し、利用しています。

現在、これから海外に旅立つ人達の為に、中東で寒さに耐えながら記事書いてます!(笑)

・・・で、ローカルプライスで携帯を利用するには何が必要なの?

さて、海外で現地人料金、
つまりローカルプライスで携帯電話を利用するには実際には何が必要
なのでしょうか?

(1)SIMロックフリーの携帯電話
(2)現地のプリペイドタイプのSIMカード

ポッキリこれだけ!ラクショーですね!(?)

ローカルプライスって、具体的にどれぐらいなの???
という疑問があると思いますが、日本国内で僕ら日本人が携帯使う感覚と、
同じようなもん
だと解釈してください。
通話料金やSMS料金、モバイルインターネット料金は国によっても、
利用する携帯会社によっても異なるので、ここでは割愛します。

SIMロックフリー携帯電話の入手方法について

さて・・・ここからが本題でしょう。

海外では一部を除いて、SIMロックフリー&契約不必要の携帯電話を購入可能です。
つまり、携帯キャリアに縛られることなく、自由に携帯電話本体のみを購入することができるということです。

世界中、何処の国でも大きな街には携帯ショップが沢山あります。
そういうところで購入できます。世界は思った以上に発展しているのです。
※途上国では中国製の偽物に気をつけて下さい。
 僕は若干高くても正規品を買えるように、途上国ではちゃんとした店で購入しています。


(※フィリピンの携帯ショップ。こういうのは偽物も多そう。)

さて、ここではスマートフォンを買うことを前提に考えます。
(通話とSMSだけのシンプル携帯電話についてはリクエストがあれば検討します。)

スマートフォンはAndroid端末、Symbian端末、iPhone、Windows Mobileなどと大別できます・・・
が、Symbianを購入する人はいないでしょうし、Android端末前提で説明します。
iPhoneは世界共通ですし、海外でSIMロックフリーのiPhoneを購入できれば良いのでラクショーということで割愛します。
(タイ等で日本iPhoneを改造してロック外せると噂がありますが、未経験なので、よくわかりません。)

さてさて!
Android端末ですが、既にお気づきの皆さんも多いと思いますが、
日本で販売されているAndroid端末は極一部なのです。

世界ではサムスン、HTC、ソニーエリクソンなどが多種多様なAndroid端末をバンバンリリースしています!
日本にはその一部のみが販売されているというのが現状でしょう。

自分の用途に合わせて、必要なスペックを持つAndroid端末を選びましょう。
(※Androidって何?という人はググッてみてくださいね^^;)

ちなみに最安Android端末でIDEOSというのがあるのですが、
これはスペックが低すぎて、ちょっと厳しそうです・・・。
ゆるせる反応速度でロープライスなのは僕が愛用しているGalaxy Gioだと思います。
(2011年11月現在)
(僕は電子機器購入前に、相当下調べするタイプです。)

あ、尚アフリカではIDEOSは7000円程度で購入可能でした。
日本に輸入されているものは全部値段高いですね…。
個人的には日本国内ではなく、現地で携帯端末も購入するのがお薦めです。

尚、これまで何度も海外で携帯端末を購入してきましたが、
パスポートだけあれば購入可能だと思います。特に難しい手続きはありませんでした。

今はAndroidブーム、スマホブームですので、
次々に新しい端末が出てくると思います。

尚、海外で購入するAndroid端末には日本語入力が最初は入っていません。
日本語化についてはコチラの方のブログを参照下さい。

プリペイドSIMカードの入手方法

お次はこちら!
むしろ、こちらが一番ブラックボックスになっているところではないでしょうか???

各国、各携帯キャリア別の情報というのは僕もありません。
ほぼ忘れましたし、常に料金変動はあるので参考にもならないと思います。

ローカルプライスということで、通話料金も1分10円以下だったり、
SMSも1回1円だったりと、そんなレベル
ですね。
日本と同じように同じキャリア同士は通話料無料・割引などもあります。
インターネットについては1MB単位で課金されるのと、
インターネットプランにお金を払うタイプの2タイプ
です。
後者のほうが割安だったりします。
イギリスでは10ユーロ(1030円:現レート)で300メガ利用等のプランに入りました。

300メガ、響きはしょぼいですが、実際にはメール、Twitter、フェイスブック等は結構いけます。
用途によります。ドイツでは1ヶ月間、300メガほどで事足りました。

回線速度は日本の携帯電話を使っていても、現地のSIMカードを使っていても、一緒です。
だって、日本の携帯電話会社は現地携帯キャリアのネットワークを借りているだけですからね…。
(※データ通信専用SIMカードというのもあるのですが、今回は割愛。)

おっと、横道それましたが、僕のいつもの購入手続きは以下の通りです。

(1)携帯ショップを探す。
(2)英語話せる人を見つける。(←非常に重要。笑)
(3)プリペイドタイプのSIMカードを扱っているか問う。
(4)モバイルインターネットも利用できるのか問う。
(5)有るという回答があれば、料金プランを問う。
(6)料金プランに問題がなければSIMカードを購入。
(7)希望する料金プラン(モバイルインターネットプラン)があれば追加購入。
(8)英語通じる店員さんにセットアップを全て依頼。
(9)SIMカードを携帯端末に入れて、実際に認識されるか確認。
(10)その他諸々のセットアップ完了
(11)感謝の気持ちで「ありがとう!」と伝える。

※3や4で出来無いと言われても、他店にまわりましょう。
 日本以外の国では店員のサービスレベルは桁が違います。
 本当はあるのに店員が理解してないケース多々ありました。
※セットアップ完了には1時間は半日やら、時間がかかる時がありますので要確認。
※店員さんに全てやってもらうのがベストです。
※所要時間は早ければ5分程度です。

現地在住の証明書などが必要な国が稀にあります。
要は面倒くさい国ですね。
僕のこれまでの経験では、メキシコ・ブラジル・インドはそうだと聞いています。
ご留意を。友達がいれば、友達に頼んで買ってもらうことはできます。
(でも、きっと露店でSIMカードが不法販売されていると思います・・・)

さてさて、ここで重要なのがPUKコードの存在です。
PINコードは聞き慣れている人も多いと思いますが、
なんとPUKコードってのもあるんですね・・・!

PINコードやPUKコードナンバーはイザ!って時に必要となるので、
しっかりと保管しましょう。だいたいはSIMカードの購入パッケージに刻まれています。

あ、ちなみに、プリペイドカードの多くは購入金額の全額~半額くらいは既にチャージされていたりするので、そこも確認しましょう。
ヨーロッパではSIMカード本体が10ユーロしても、
使えるクレジットが10ユーロ入ってたりします。(つまり、SIMカード実質タダ)

プリペイドのチャージはどうすればいいの?

ほいほい、次はプリペイドのチャージの仕方ですね!

これは実に多種多様な方法があります。
国によっても異なりますので、僕が知っている場所を挙げていきます。

(1)ドラッグストアなどで販売しているパターン
(2)露店で販売しているパターン

→だいたい、携帯キャリアのマークが店頭についていたりします。

(3)携帯ショップで販売しているパターン(←鉄板です。)
(4)インターネットで購入できるパターン

などなどですね。
使いたい分だけチャージできるので、後請求にビビることはありません。

チャージも、お金を払うと小さなカードが渡されて、自分でスクラッチして、
携帯に指定された番号にパスワードを入力して送るとチャージされたり、
自分の電話番号を言うだけで、店員さんが勝手にやってくれたりと、様々です。
ベストは店員さんに最後までやってもらうことでしょう。

(※フィリピンのプリペイドチャージカート)

その他については、@mohideki まで連絡を

その他、知りたいことがあればTwitterの@mohidekiまで質問ください。
すべてを僕が知っているとは思わないのですが、知っている情報はできるだけ提供します。

答えれる質問は後日、まとめてこの記事に追加します。

尚、海外だし、英語力にも不安があるし、、、という人。

僕もすべての国でセットアップが完璧に上手くいっているわけではないので、
いつも日本の携帯も持ち歩いています。

なので、万が一に備えて、日本の携帯を所持しながらも、
海外でSIMロックフリーを使って、現地SIMカードを購入してローカルプライスで楽しむという方式がベストではないでしょうか???

※インターネット設定が少しややこしいのですが、通話&SMSは成功率100%です。

旅行者の皆さん、出張がよくある皆さん、この記事がお役立ちできれば幸いです。

以上、旅人でした!長文記事、疲れた。笑
バババーっと書いたので、書きこぼれがありそうです・・・汗
でも、大枠は伝えられたかと思います。

太田英基(記事への反応などはTwitterが有り難いです。)


※注意点:

(1)海外ではiPhoneやAndroidのスマートフォンなどは盗みのターゲットになります。
(2)プリペイドSIMカードの場合、おおよそ3ヶ月~6ヶ月間、利用が無いと番号消失することが多いです。
(3)iPhone4以降はSIMカードがマイクロSIMカードなので、SIMカッター購入必要です。
(4)SIMカードを差し込むと、自動的にスマホの裏側で動くアプリケーションがネット接続し始めたりします。そうすると、気づかぬうちにチャージした金額が無くなっていることもありますのでご注意を。対策としてはネットに繋がない時以外はインターネット接続をオフにするのが懸命です。

LINEで送る
Pocket

  • 留学フェス
  • CareerWith

, , , , , , , ,


One Response

  1. kanto shigeharu より:

    私、68歳。 
    今海外旅行に目覚めて、独り旅の旅行を楽しんでおります。 回った国はようやく9カ国、一昨年はカナダ、昨年は台湾にお付き合いで、今年はスイス、フランス、イタリアの山歩きに、次はアルゼンチンor北欧を考えております。それで必要なのが海外でするインターネット、いかに安価に出来るかが鍵となり、韓国の女子大生に教えてもらったのがきっかけでSIMカードについて調べることになりました。ご指導よろしくお願いします。とりあえずご挨拶まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です