0

旅雑記

ウユニ塩湖、天空の鏡張り。喩えるならば天国のような光景。

2011/02/11  

LINEで送る
Pocket

どうも、こんにちは、太田英基です。
南米ボリビアにあるウユニ塩湖に行ってきました。

狙っていたのは普段は塩が広がる塩湖が、雨季の1ヶ月ちょっとの期間だけ、
天空の鏡張りと化すという話を聞いて、無論、そのタイミングで。

標高4000メートル級のウユニ塩湖に雨が降ると・・・、
これまで僕が旅してきた中のどの場所よりも、素晴らしい絶景が在りました。

言葉よりも、動画と写真でお送りします。まずは動画をご覧下さい。
動画は走る車から撮影したモノです。ウユニ塩湖に突入してすぐの場面。



























たとえるならば、天国なのかなって素直に思ってしまいました。
他にたとえようがないほど、美しい絶景でした。
1月後半~2月の雨季の時期にしか現れないこの景色。
普段の塩に覆われたウユニ塩湖も良いようですが、僕は俄然雨季を薦めます。

標高が4000メートル近い為、天気も変わりやすいようで。
(山の天気は~ってやつですかね?)

それでも晴れたり曇ったり、朝だったり夜だったりと、いろんな景色を魅せてくれました。
あまりにも空と反射面の堺がわからなくて驚きます。

写真は同行した旅仲間も含めて500枚ぐらい撮りました。厭きません。
世の中に披露できない危ない写真(?)や、変態写真もあるのですが、
それは流石に非公開。笑

そんなウユニ塩湖の地下に埋蔵されている大量のリチウム資源を巡って、
色々と政府も悩ましいようですが、限り在る資源よりも、
訪れる人に感動を与えてくれるこの光景を守って欲しいと切にひとりの訪問者として思います。
ボリビアが観光立国として前進することを願っています。

今はウユニ塩湖からチリに抜けてきました。
この後、首都サンティアゴ方面に向かいます。
再び片道20時間オーバーの長距離バスですが、最早慣れました。

皆さんもウユニ塩湖に是非、訪れてみてください。
勿論、ボリビアという国はウユニ塩湖以外にも見所多いですので、ボリビアを満喫してください!
2週間という休暇で、ペルーのマチュピチュ&ウユニ塩湖を巡るという弾丸旅行者も多数います。
やってやれないことは無いようですよ。

では、また!

太田英基

LINEで送る
Pocket

  • CareerWith

, , , , , , , ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です