zao-mohi

旅雑記

「ただいま」と言えたこと。

2012/07/06  

LINEで送る
Pocket

2010年の5月上旬にフィリピンへ渡った。弱点だった英語を克服するために。
2010年の9月中旬にフィリピン英語留学で培った英語を武器に、アメリカへ旅立った。

以下、訪問国を時系列にて一覧。
アメリカ合衆国
グアテマラ
ホンジュラス
ニカラグア
コスタリカ
ベリーズ
メキシコ
キューバ
ペルー
ボリビア
チリ
アルゼンチン
ブラジル
ポルトガル
モロッコ
エジプト
ケニア
ウガンダ
ルワンダ
ブルンジ
タンザニア
スイス
オーストリア
ドイツ
ベルギー
フランス
スペイン
イギリス
スコットランド
ルクセンブルク
オランダ
デンマーク
スウェーデン
ウクライナ
トルコ
イラン
ヨルダン
イスラエル
パレスチナ自治区
ドバイ
インド
バングラデシュ
タイ
マレーシア
フィリピン
インドネシア
シンガポール
タイ
カンボジア
ベトナム
中国(香港、マカオ)&台湾
韓国

そうして、日本に帰国したのは6月25日。
韓国からフェリーで福岡に着きました。

折角なので、そこからはヒッチハイクで移動することにしました。
福岡から実家の宮城までヒッチハイクで繋いで頂きました。
こんな浮浪者みたいな男を拾って頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

旅立ちから約2年が流れた2012年7月4日。
無事に、実家に到着しました。
これにて、僕は旅を終えました。

帰宅をして、じーちゃんばーちゃんに挨拶にいったり、墓参りしたり、家族と会話をしたり。
非日常だった日々から、日常へと移ってゆくんだなぁって。
僕は”当たり前”や”普通”という言葉も思考も好きではありません。

だから、これからも”非日常”な日々を歩んでいきたいなと。
今はそう思うのです。

旅の振り返り日記はまたの機会にじっくりさせてください。
今回は取り急ぎ、旅が終えたこと、そのこと自体の報告となります。
7月14日の旅の報告会イベントですが、定員200名に対して既に300名以上から参加応募を頂いているので、
もしかすると2回目を実施するかもしれません。
※すべての皆さんを1回目のイベントに御招待できず申し訳ないです。順次、参加可否の連絡をお送りします。

さて、実家の宮城に帰ってきたので、
1週間ほど、実家でゆっくりしながら旅を振り返りたいと思います。
7月14日のイベントにて旅について、これからについても話ができたらなと思っています。

最後に僕がこのタイミングで宮城に帰ってきたかった大きな理由のひとつを皆さんに共有したく。

そう、ホタル。

無数のホタルの群れが織り成すプラネタリウムのようなこの光景は、
ウユニ塩湖にも負けない絶景なのであります。
これを旅の締めくくりにしたかった。

そう、世界の絶景に負けない絶景が、僕の故郷にもあったんだ。

約2年間の僕の旅やプロジェクトの動向を追い続けてくれた皆さん、
本当にありがとうございました。

僕の旅は終わりましたが、サムライバックパッカープロジェクトは終わりません。
というより、終われません。まだまだ世界で闘う日本人レポート記事をアップしていきますし、
「若者のグローバル志向の底上げ」をミッションとし活動予定です。
皆さん、引き続き宜しくです。

怪我もあった。
病気もあった。
盗難も多数あった。
人を信じられなくなりそうなときもあった。
人の親切に泣いたときもあった。

それでも、とにかく五体満足に無事に帰って来ることができて、
この言葉を元気にいえることに感謝したい。
心より、見守ってくれていた皆さんにお伝えします。

ただいま!

以上、取り急ぎ旅の終わりと、「ただいま」の報告でした。

「ただいま」って、本当にありきたりで、いつも当たり前に使っている言葉を、
これほど大切で有り難い言葉であることを噛み締めています。

とりあえず2年間も日本にいなかったので、
AKB48の勉強から始めたいと思います。

では、また!

LINEで送る
Pocket

  • CareerWith

, ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です